• パンジェノ・最短8週間 HCV治療は、進化する。
  • マヴィレット開発ストーリー マヴィレット配合錠の開発ストーリーをご紹介します。
  • 診療サポートムービー マヴィレット配合錠の基本情報のみならず、C型肝炎治療の関連情報や指導のポイントなど、C型肝炎治療に携わる先生方にとって役立つ情報を掲載しております。

※用法・用量

  • セログループ1(ジェノタイプ1)又はセログループ2(ジェノタイプ2)のC型慢性肝炎の場合
    通常、成人には1回3錠(グレカプレビルとして300mg及びピブレンタスビルとして120mg)を1日1回、食後に経口投与する。投与期間は8週間とする。なお、C型慢性肝炎に対する前治療歴に応じて投与期間は12週間とすることができる。
  • セログループ1(ジェノタイプ1)又はセログループ2(ジェノタイプ2)のC型代償性肝硬変の場合
  • セログループ1(ジェノタイプ1)又はセログループ2(ジェノタイプ2)のいずれにも該当しないC型慢性肝炎又はC型代償性肝硬変の場合
    通常、成人には1回3錠(グレカプレビルとして300mg及びピブレンタスビルとして120mg)を1日1回、食後に経口投与する。投与期間は12週間とする。

製品基本情報の詳細は添付文書をご参照下さい。また、添付文書の改訂にご留意下さい。

PICK UP

ホームページ公開のお知らせ(2017年9月)
「マヴィレット®配合錠」サイトを公開しました。

製品基本情報

臨床成績

8週間投与

DAA未治療のジェノタイプ1又は
ジェノタイプ2のC型慢性肝炎

※1:患者内訳 ジェノタイプ1:3例、ジェノタイプ2:7例
※2:ジェノタイプ1及びジェノタイプ2のDAA未治療患者
※3:ジェノタイプ1 前治療内訳:PI+Peg-IFN+RBV 2例、PI+NS5A 30例
ジェノタイプ2 前治療内訳:NS5B+RBV 1例
※4:C型慢性肝炎患者、承認時評価資料

会員限定コンテンツ

マヴィレット®開発ストーリー

マヴィレット配合錠の開発ストーリーをご紹介します。

マヴィレット開発ストーリー

診療サポートムービー

C型肝炎治療の関連情報や指導のポイントなど、C型肝炎治療に携わる先生方にとって役立つ情報を掲載しております。

ストーリー